幸せのひとしずく
3歳の愛娘 しーちゃんの成長と、それを見守るステキ家族の毎日のこと☆

幼稚園合格

しずくが、幼稚園に合格しました♪


倍率は3倍だったので、一応お受験という形だったんですが

お受験して幼稚園に入れようと思ったものではなく


この区で3年幼稚園に入れようと思うと

私立しかなく、必然的に受験になってしまうのです☆



受けた幼稚園は、しずくと一緒によく通りかかり

「ここで遊びたい」

といったところ。


本人は、ブランコやすべり台だけ目撃して

公園だと勘違いしたのでしょうね。


でも、たくさんの園児が遊具で遊んでいるのに

ママに「ここはまだ入って遊ぶことはできないの」と言われ


本人は悲しげな表情をしていました。



その幼稚園は言うまでもなく、生活圏内の最寄幼稚園なのです☆





そんなわけで、家族全員が是非とも入園させたい幼稚園になり

その情報をママは必死で集め(公園・習い事での先輩ママetc)


いざ受験☆



当日はパパも仕事を休んで参加◎


ママは、いわゆる「お受験スーツ」に身を包み

しずくも髪ゴムから足のつま先までのお受験服に着替え

パパは…えっと、お仕事の時よりもややフォーマルになり(笑)


幼稚園へ。



うちの受験番号は89番。


81~90番までが時間通りに体育館に入り

病院でいう問診票みたいなもの(どのような理念をもって子育てをしているか等)を

書いている間に


しずくたち子どもたちは別室に親子分離で連れていかれて

そこでまず一番最初のジャッジ。


親子分離ということで、ピギャーと泣く子も。

その泣く子につられて、テンション落ちて泣きだす子も。


これに巻きこまれてジャッジされたら本位ではない!と思い、

しずくを抱っこして顔の近くでずっと


「ようちえんのせんせいと、あそぶんだって♪

 たのしそうだな~、ママもいきたいけど

 ママはここでまってるから


 どんなたのしいおもちゃがあったか、あとでおしえてくれる?」


とか語りかけながら、

しずくのテンションを一定に保つ◎



本人はテンションも高々に

「じゃ、行ってくるね!」

と。


しかも

「ママたちは、ちゃんとここでまっててね!」


という上から目線もいただきました(笑)



しばらくして

ものすごく嬉しそうに

「あのね、トンネルくぐった!」

と帰ってきました。



「そうなの!トンネルくぐったんだ~!?」

というと


「うん!トンネルくぐって、って言うから!」


…うん!




そのあとは、先生と私たち家族3人での面接。



この日までは緊張して下準備を怠らなかったものの

いざ、その場にくると緊張しない私。


前日まではかなりの小心者なんですけどね◎



なぜこの幼稚園を選んだのか聞かれました。




私、実は事前にこの幼稚園がある商店街をまわったんです。



もちろん生活圏内なので

すでにしずくの顔を覚えてもらっていたんですが



「今日、受験なんです、元気にいけたらなって思ってます」

とか言いながらまわりました。



みんな

「しずくちゃん、がんばれ!」

って言ってくれて。


その『挨拶まわり』のことは言いませんでしたが


「この幼稚園がある商店街は生活圏内であり、

 本人も挨拶をして可愛がってもらっています」

みたいなことも申告して(笑)



緊張はしませんでしたが、

面接先生の一言一句、表情を敏感に感じ取ることには

終始集中しました。




こういう場所では

ママよりパパが多く話すことが良しとされているようです。


ママが幼稚園受験に対し、一生懸命なのは当たり前。

ママに何を聞いたって、模範解答が返ってくる。


でもパパが話すとなると、一夜漬けではお見通し。



よくある話ですが




ママとしか行っていない動物園に

パパも一緒に行ったことにするとする。


子どもにもそう言うように教えておく。



面接官は聞く。

「最近、パパとどこ行ったの?」

子ども答える。

「動物園!」

面接官、さらに聞く

「パパは何の動物見てた?」


そこで子どもが黙るんです。


実際に行ってないと。



そうして、パパがいかに

子育てに協力しているか

そういう家庭であるかをジャッジするそうです。



うちは、パパはちゃんと育児に協力してくれています。


昭和子育てとはかけ離れているくらい、

私は本当に毎日「ありがとう」って言っているくらいに。


だから、シナリオは必要なかった。


パパ、ありがとうね!




そんな面接日のしーちゃんは

こんな感じでした!



101102-100smile.jpg





合格通知は金曜日に来ました。


でも、ママはやむなき事情で仙台へ行っていました。




不在通知を受け取ったパパは

金曜日で飲み会のあとにも関わらず


24時間で預かってくれている郵便局へ行き

私と通話しながら(その時刻は24時過ぎ)


一緒に「合格」を祝ったんです!!



本人はグースカピーでしたけどね(笑)




よかった!


来年からは幼稚園しーちゃんです!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。